スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



TREview『料理』ブログランキング

ブログランキング参加中
クリックありがとうございます
 

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ALWAYS 三丁目の夕日

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 ALWAYS 三丁目の夕日 通常版
吉岡秀隆、堤真一 他 (2006/06/09)
バップ



“続”ではないです。一本目のほうです。
(もうすぐ公開→ALWAYS ・三丁目の夕日


何でもっと早く見なかったのか、と思った。
すっごく面白かったし、泣けた。

何が泣けたって、
ヒロミに指輪を渡すシーンもよかったし、
淳之介と茶川先生の最後のシーンもやけど、
クリスマスプレゼントをもらったときの淳之介くんの顔が忘れられない。

大泣きとまではいかないけど、
こういうベタにあったかいドラマもやっぱりいいなぁと思う。

何が面白かったって、
とにかく細かく笑いどころを入れてくる。
薬師丸ひろ子扮する母が、医者を呼ぶなとすがる息子に
「もう呼んじゃったもん。」
とあっさり言うところとか、すごくかわいい。

役者陣も子役含めて揃ってて、
安心して楽しめたのも良かったなあ。



この時代は私の親世代の時代やから
親が見たらきっと懐かしいんじゃないかなあ。

セットやCGもすごいけど
湯たんぽの湯で、朝、顔を洗ってるところとか
何気ない細かい演出が、きっとよく掴めているんだと思う。

ストーリーも演技も演出も全てがよく出来ているなあと思った。
というと安い言い方だけど、
「ここはちょっと・・・」という非の打ち様がない映画というのはめったにない。

このときの日本アカデミー賞の授賞式を見ていたけど
あれだけ総ナメになっていたのも
なんかわかる気がするなあ。


続編は劇場で見てもいいかなあ、とちょっと思っている。


TREview『料理』ブログランキング

ブログランキング参加中
クリックありがとうございます
 

[ 2007/10/27 15:27 ] 観た映画 | TB(7) | CM(3)
最新のものはおろか
最初のやつですら見てないのですが
うちのだんながこの映画絶賛してました☆
泣ける映画って最近見てないような気がします。
私も最初のやつ見てみようかなぁ。
[ 2007/10/28 18:08 ] ちゃちゃまんぼう [ 編集 ]
はいっはいっはいっ(挙手)。
わたしもこれ大好きです。
そして、てーさんと同じことを思って、
両親にDVDあげました。
この映画の堀北マキちゃんの演技は上手だなーとも思ったなー。
[ 2007/10/28 22:41 ] おこぽこ [ 編集 ]
>ちゃちゃまんぼうさん
最新のはご主人と一緒にいかがですか?
最初のやつ、今週金曜日テレビでやるみたいですので、よかったらぜひ~

>おこぽこさん
堀北マキちゃん、まだこんなに売れる前だったのに、演技良かったですねえ。
あの東北訛りとりんごほっぺがかわいかったなぁ。
[ 2007/10/30 21:39 ] てー [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://tetsun.blog2.fc2.com/tb.php/1100-0ca3c327

携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平?■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAYS?...
[2007/10/28 17:36] 京の昼寝~♪
「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・
[2007/10/28 17:37] ネタバレ映画館
【監督】山崎貴 【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/三浦友和 【公開日】2005/11.5 【製作】日本 【ストーリー】 昭和33年、東京タワーが完成するこの年、東京下町の夕日町3丁目
映画館にて「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ ストーリー: 東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真希)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……...
[2007/10/29 00:04] ミチの雑記帳
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・ 2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。 あらすじ 昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。 町場の修理工場・?...
[2007/10/29 03:00] ひらりん的映画ブログ
「ALWAYS-三丁目の夕日-」を鑑賞して来ました。この映画を見ていると今当たり前な事が当たり前じゃない時代、しかしそれが今忘れられがちな夢と未来と希望を思い出させてくれる作品だったと思う。
前作のラストから4カ月後、昭和34年の春。完成したばかりの東京タワーの下に広がる三丁目の人々は、変わらず賑やかに暮らしている。そんなある日、去ったヒロミ(小雪)を思いながら淳之介(須賀健太)と暮らす茶川(吉岡秀隆)の元に、再び実父(小日向文世)が淳之介...
[2007/11/02 19:32] 本ナビ!by Tamecom
ちょっとイイコト



イーココロ!クリック募金
クリックで救える命がある。


みんなでとめよう温暖化 team-6

おすすめ情報

↑これで味は決まり!


↑スポーツの秋から始めよう


暮らしのアイデア





↑情報無料





Blog People
  • きになるブログ


  • 今日の夕飯ぴーぷる

  • おうちごはん
  • My Life
お役立ちリンク

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。